ケルセチン配糖体サプリの効果

 

ケルセチンは野菜や果物などに含まれているポリフェノールの一種です。ケルセチンにはさまざまな効果があるのですが、脂溶性が高く水には溶けにくい性質のため体内で吸収されにくい特徴があります。吸収されないとケルセチンの効果を得ることができません。

 

ケルセチン配糖体はケルセチンと糖が結びつくことで吸収がよくなった成分です。ケルセチン配糖体なら体内に吸収されて効果を発揮してくれます。

 

ケルセチン配糖体の効果が注目を集め、多くの会社からサプリが販売されています。具体的にはどんな効果があるのでしょうか。また、サプリを飲んで副作用はないのでしょうか。

 

歳をとると共に気になりだすのが関節の痛みです。関節の痛みの原因には、体重増加、外傷、スポーツなどさまざまありますが、活性酸素が大きく関係していると考えられています。活性酸素は体をさびつかせて老化を進行させたり、炎症を起こして痛みを発生させます。

 

ケルセチン配糖体には関節で作られる活性酸素を消去して、関節痛の痛みを和らげる働きがあります。グルコサミンと一緒に摂ったヒト試験では、歩行能力の向上や痛みのスコアが改善されました。

 

血液がドロドロになると体の隅々に酸素や栄養を届けることができず、細胞の機能が低下して老化や病気の原因になります。健康を維持するには血液がサラサラであることがポイントです。

 

血液ドロドロの原因の一つが酸化です。活性酸素で血液が酸性に傾くとドロドロになります。
ケルセチン配糖体は血中の抗酸化力を高める働きがあります。血流を改善し、血管を保護します。

 

毛細血管は非常に細い管で、血液中に流れている赤血球よりも細いです。赤血球が毛細血管を通れるのは柔軟性があり形を変えているからです。赤血球の柔軟性が失われると血管がつまってしまいます。
ケルセチン配糖体は赤血球を酸化ストレスから守り、柔軟性を改善します。

 

ケルセチンはたまねぎやブルーベリーなどの食品にも含まれています。ケルセチン配糖体を多量に摂取して副作用が出たという報告はありません。サプリは使用量を守れば安全に飲めます。

 

ケルセチン配糖体サプリの効果

 


本当に痩せる薬最強強力ダイエットサプリメント人気おすすめ通販比較ランキングはここから